トエルブログ

の続きになりますが、数字で表せない事、科学で証明出来ない事って多いと思います。そして、それが結構重要だと思う事もシバシバです。。

馬に乗る事も感覚だと思うので、この感覚を伝える事がねねね。

今馬の感情2なので1の脚使ってください!!

とは行きませんよね・・・。

 

でも、いかに伝える事が出来るか、乗りながらいつも考えております。

そうすると、自分にとっても明確になりやすいですね。

 

いかに簡素に説明出来、簡素に行えるかがポイントになる気がします。

 

1・馬の気持ち考えがどの位置にいるか・・・。

人をリーダーとして受け入れているか。

YES

NO

 

ここでNOだと何をしてもどうしても危険を伴うと思います。

危険まで行かないとしても、乗っていて面白くなくストレスを感じてしまいます。

 

YESにするには、言う事を聞かせると言うだけでは出来ません。

ここにも感覚登場ですね。

 

面白い現象も有ります。

技術的にはよくなくても、YESと言う馬もいると言う事です。

青臭く感じるかも知れませんが、愛情を持って接している人の馬は、

YESが間違いなく出来ています。

ビックリしたり物見したり等あったとしても、馬に受け入れる気持ちが有るんですね。反抗した時(結果の行動)原因を無くす為に攻めたとしても、馬も理解出来るのです。

 

これは凄く大きいです。

 

NOの馬に乗ることは苦痛を感じます。

NOとは馬の気持ちの門があるとしたならば、間違い無く門前払いです!!

問答無用でNO!!です!!

馬は人間の行動一つ一つに恐怖を感じ、頭の中に少しのスペースもありません。勿論、体も力みコンクリートの様に硬いです。

全てを閉じきった感じです。

 

アッチ行ったりコッチ行ったりしてしまいますが、技術的に間違ってしまっていたとしても、愛情を持って可愛がっている人の馬は修正が出来るのです。

本当です、断言します!!

 

数値では表せない事柄です。

(通信簿の様にしたら出来るかも・・・)

 

数値にならないと不安に思う習慣が出来てしまっていると、大変不安ですね。

 

でも数ある事柄の中でたまには感覚のみでもいいかなと・・・。

 

この間、ネットで見たのですが、馬を診た後(獣医さんと装蹄師さん)カルテの様なものを、お出ししますと・・・。

カルテを貰うと安心?!

いかんいかん遺憾と思いました。

 

はい、終了します。

 

 

では!

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    P太郎 (月曜日, 21 2月 2011 02:59)

    馬が言っていることが、一番正しい事なんでしょうね。
    みんな、ごまかそうとしませんし、ごまかしを見抜きますし。

  • #2

    波里ユウキ (水曜日, 23 2月 2011 11:24)

    人よりもストレートだったりしますものね。。

NEWS

UP

NEW