2011ヨーロッパ選手権

 2011ヨーロッパ選手権での上位5頭についての興味深い記事を見付けました。

 

障害

1・NINJA LA SILLA 61.13%

2・CORRADINA 61.53%

3・CARLO 39.47%

4・Eurocommerce New Orleans 47.09%

5・Coupe de Coeur 39.26

 

馬場

1・PARZIVAL 40.44%

2・UTHOPIA 30.67%

3・Mistral Hojris 35.15%

4・Totilas 26.17%

5・Scandic 34.76%

 

何の率でしょう。。。

 

 

(障害も馬場も優勝はKWPNですね・・・。)

 

この率は、血統の中に何パーセント、サラブレッドの血が入っているかです!

障害馬の上位2頭は、半分以上サラと言う結果になっています。

 

父馬がサラとか母馬サラとかではないんですが、

母母父がサラだったり、父父父がサラだったり、

ちりばめられている感じですかね・・・・。

 

こう言う事は凄く興味有ります。

勿論、同じ率目指して繁殖しても無意味ですが、

サラの血は必ず必要と言う事でも有ると思います。

 

もっと踏み込んで、それぞれの馬が何処の馬かを調べる必要性を

私的に感じ今度調べようと思います。

KWPNなのかHOLSTなのかとか調べると、何となくの傾向が

見れると思うんです。

それと馬の年齢を見て、その時代はサラを多く取り入れているとか、

その時代時代により連盟が簡単に言って、軽い血を求めていたのか、

それとも重い血を取り入れ様としたのか・・・。

 

そうすると何か感じれる気がします。

 

そう言う事を探求するの面白いし、これぞブリーディング!!!!!

みたいな感じです(笑)

 

これ位、興味を持って勉学に励んでいたらっ・・・・・・・・。

 

 

ではでは和やかに

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ingao28 (土曜日, 29 10月 2011 01:53)

    血統ですか?!!面白いです、確かにDNAは嘘をつきません。奥が深いですね!!
    サラブレッドと言えば、一部でオ-スよりサラ系の軽い馬をインポ-トするのが流行してますよね。
    (自分は、KWPNが好きですが)

  • #2

    波里有輝 (日曜日, 30 10月 2011 00:04)

    しかしながらと言いますか、オーストラリアやニュージーの人達、ヨーロッパの種馬を5~10位前から買い付けにヨーロッパに来ています。

    ヨーロッパの馬を入れて繁殖で良い成績を出している国は、種馬だけではなく、牝馬の方にも目を向けて行っている国ですね。

NEWS

UP

NEW