その訳は

 題名 尾崎聞きながら書いていたので・・・。

その訳はみたいな・・・。

 

昨日書いた事を行った時、馬が停止出来ず動いてしまう事が有ると思います。

その行動を取ってくれると、より解り易くなります

 

昨日一昨日と書いた事を行なうと、結果動いてしまう。

 

ここでポイントです。

 

どちらにコブシを開いた時に、何処に向かって動いたり

または下がったりしてしまうのか、パターンを見付けて下さい

 

何回も繰り返してください。

 

そしてパターンを見付けて下さい。

無理に停止を維持しなくて良いのです!!

 

 

・左を行った時、左を突っ張り、歩き出してしまう。

反対を向こうとしてしまう。

            ↓↓ 原因(その訳は・・・)

    馬のバランスが左に落ちている。

    馬体が右内方姿勢

            ↓↓ 究明

    左脚を、右斜め前にキュウッキュウッと使う。

    馬体全体を支配しようと思わずに、左脚の力の矢印が、

    馬の気甲から右肩に抜けるイメージ。

 

握りを馬が認識する、ほんのワズカ手前で、左脚の矢印を、

伸びのある感じで、長い矢印を飛ばす

 

その時、昨日書いた、人差し指と親指は握りぱなしで、

脚との連携で、薬指、中指を合わせてみて下さい。

 

目的は、馬が普通のバランスになる事です。

左に落ちてしまっているので、マイナスからのスタートなので、

右を向かせる時よりも、脚は、もっと使わなくてはなりません。

 

ここでポイントです。

 

脚を使うとは勿論力加減もありますが、それよりも長い矢印を飛ばしてください

力勝負にしてしまいますと、馬は反発の力を、ここでも産んでしまいます

 

長い矢印では反応が無い時、つま先を少し外に向けて、

短い矢印、太く短い矢印をキュッキュッキュッと飛ばしてください。

反応があれば、また長い矢印。

鈍くなったら、短いと繰り返して、目標は長い矢印です。

 

つま先の変化だけ済むので、下の脚のブレ、動きが最小限で済みます

 

自分のバランスを保つのに、下の安定が大切ですので・・・ね。

 

 

 

続くかな・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    P太郎 (木曜日, 12 1月 2012 00:48)

    続けて下さい。

NEWS

UP

NEW