感謝

 許可無く書いてしまいますが、許してもらえる事でしょう・・・。

長年共にした馬が永眠したそうです。

 

この方と、その愛馬は通常の関係よりも遥かに遥かに密な関係でした。

 

<この人こんなんで大丈夫かな・・・>と何度も思った事があります。

馬は既に超高齢だったので、いつ時が来ても、おかしくないと・・・。

 

目に余るほどのLOVEを注いでいました(笑)

 

この馬居なくなったら、この人は馬を続けられるのだろうか・・・・。

馬だけでなく、人生の、その方の人生の中に占める割合は、

相当なものだったと思います・・・。

なので、もし時が来たら大丈夫かな・・・・。

と思っていました。

 

数日前、メールで、その馬の写真が送られて来ました。

その時に、言いませんでしたが、時だなと思いました。

いや、その時の状態の写真ではないですが、

その行動に時を感じたと言いますか・・・。

 

今日電話をもらい

<うっどうしよう・・・・、時が来たんだな・・・>と思わず躊躇して、

電話に出ませんでした。

 

しかし、直ぐに、こちらから電話しました。

電話をでた時の声が、想像をはるかに超えるトーンで、

<あれ?>と思いました。

 

<色々心配してくれてありがとうございます>と

凄く何て言ったら良いのでしょう、清清しいと言いますか、

すごく整理が出来る感じでした。

 

と同時に、あの馬はすごいなと思いました。

ちゃんと、その方の気持ちを解り、とても美しい別れと言いますか、

すべて解っていたんじゃないかなと・・・。

 

それもこれも、その方が普段から出来る限りの事、

出来うる限りの事をしていたから、馬も答えたのでしょう。

20年近くも一緒に居たそうです。

 

自分の苦労を省みず馬に愛情をそそいでいた。

 

へんな言い方ですが、目に見えては居なくなってしまったのですが、

その人の、こころの中、もっと近い所に来たのでしょう。

 

そんな風に思いました。

 

そこまで思い合えるとは、素晴らしいと思います。

 

ではでは

NEWS

UP

NEW